イヨノート

Design, Code and other chaos included.

F-05Dを実機デバッグする際の注意点

2012.02.14 ,

開発環境の構築については情報が豊富に出ているものの、実機のデバッグ準備についてはまったのでメモ。

通常の手順としては、PCと実機をUSBケーブルで接続 (して、Eclipseを操作) すればOK。

今回は2つの問題が被ったらしい。

1. 富士通がAndroidベンダーとして (2012.2.14現在) Googleに登録されていない。

この英数字は富士通を表すベンダーIDで、SDKに富士通製Androidを認識させるのに必要になります。

2. F-05DをUSBでPCに接続した際、PC側に「F-05D」として認識されない (場合がある)。

自動でドライバがインストールされますが、この時にドライバが正しくインストールされず、「USB 大容量記憶装置」として認識されてしまう場合があります。

マスストレージとして認識されていた場合はデバイスマネージャの「ユニバーサル シリアル バス コントローラー」から「USB 大容量記憶装置」を右クリックで削除。このとき、ほかのUSBメモリなどが接続されていないことを認識しましょう。PCにUSBで接続しているのがF-05Dのみだったら大丈夫。これでも削除できない場合は「ディスク ドライブ」の「Fujitsu Mass storage USB Device」も削除しましょう。

削除が終わったらUSBを一度抜いて再度接続。正しく認識されるか、エラーが表示されるので、エラーが出た場合はエラーを右クリックして「ドライバの更新」を選択。先ほど保存したF-05Dのドライバを指定すればドライバの設定完了です。

前者は富士通の「携帯電話(F-05D USBドライバ ダウンロード) - FMWORLD.NET(個人) : 富士通」内、Readme.txtに (理由はともかく) 対応手順が記載されているものの、ドライバの自動インストールに失敗した後、手動でドライバをインストールしなおすにも、F-05D自体が認識されていないため、どう対応すればいいのか (何が原因なのか) よくわからなかった。